読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸のつかえ

先程、本社工場に常駐する社長より電話が一本。

退任の具体的連絡。

具体的には2月から決まっていたことだ。

近く退任の情報と言うことなら、1年以上前から

耳には入っていた。

公式の発表を待たず、自分の営業所の人間達に伝えてくれとのこと。

やっと、口に出すことが許された。

一人で背負うには少し重たかった。

かと言って、誰になにを相談する訳でもないが、、、

口に出して、誰かと情報を共有できるだけでも

全然違う。

ひとつ、、、

長い間、胸にあったつかえが

今日、とれる。

次期社長は

関連会社社長にして、親会社常務が

兼務で就任とのこと。

これも、昨年から知っていた情報だ。

ハト派からタカ派へ。

あらゆる劇的な変化が予想されるが、

実際になにがどう変わるか。。

こればかりは蓋を開けてみなければ誰もわからない。

不安は残るが、

明るい予想も無くはない。

元社長には

入社当時から本当にお世話になった。

名残惜しくて仕方ない。

年齢の近い新社長にも、

やはり、20代の頃から本当にお世話になり

少なからず、恩義を感じている人だ。

新体制でも、気を引き締め

うまくやっていきたい。

私の船は

空母でもなければ、旅客船でもない。

小さな小さな小舟だけど、、、

そこには、船員とその家族が乗っている。

舵取りを間違えることなく

長い長い航海を果たしたい。