読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

角中うどん店、3杯目

角中うどん店に別のメニューをたべに。豚天も食べたいところだったが。厨房男女二人、ホールに女性一人、機械打ちの麺工房に女性一人。丸めて巨大なタッパーに8個ストックしてる。

ピリ辛名物肉つけうどん2玉780

みぞれうどん3玉冷580

つけうどんを先に、みぞれはあとから発声でつくってもらう。が、なかなかの時間がかかったのでつけ提供で追加も頼む

麺は平打ちで締めてるが固くはない。ギリギリ喉食い。肉はかなりの甘辛、ネギに海苔が気分変えてくれるが、麺を食べるには邪魔。つけ汁はあつもり、あげ玉が入り濃厚。一気に食い終わりみぞれ待ちに入るが、さほど待たずに出てきた。ので、たぶん茹でおきか。

みぞれはあげ玉ないのに汁はやはり油が浮く。で、こちらはやはりガチガチ!通常喉食いの半分以下の量にしないと詰まるので必死に抑えつつ食す。さすがに汁は残して終わり。

喉食い命な人間として、うどんやで初だが、ここだけは敢えて冷たいのにしなくて良さそう。次はカレーか担々うどんかな。吉田うどんと違ってモソモソではないのに堅い(笑)