読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共に闘おうここ横浜で2017 Vol.15・16

先週と先々週の横浜勢の戦いを振り返っていきたいと思う

15

横浜ビーコルセアーズ

4月8日(土)・9日(日)

vsサンロッカーズ渋谷(青山学院記念館)

8日(土)

1クウォーター 15vs13

2クウォーター 13vs13

3クウォーター 33vs15

4クウォーター 17vs21

試合は78vs62で横浜ビーコルセアーズは敗れた

観衆 1664

9日(日)

1クウォーター 23vs16

2クウォーター 12vs13

3クウォーター 12vs18

4クウォーター 22vs19

試合は69vs66で横浜ビーコルセアーズは敗れた

観衆 2012

日体大FIELDS横浜

4月8日(土) なでしこリーグ2部第3節

vs愛媛FCレディースニンジニアスタジアム

前半

17分に伊藤のゴールで先制する

後半

どちらも得点入らず

試合は0vs1で日体大FIELDS横浜が勝利した

観衆 216

ニッパツ横浜FCシーガルズ

4月8日(土) なでしこリーグ2部第3節

vs岡山湯郷Belle岡山県美作ラグビー・サッカー場

前半

10分に吉田のゴールで先制する

11分に佐藤のゴールで2点差とする

13分に吉田のこの試合2ゴール目で3点差とする

19分に尾田のゴールで2点差とされる

後半

どちらも得点入らず

試合は1vs3でニッパツ横浜FCシーガルズが勝利した

観衆 645

Y.S.C.C.横浜

4月9日(日) 2017年度第22回神奈川県サッカー選手権大会天皇杯神奈川代表決定戦決勝

vs桐蔭横浜大学ニッパツ三ツ沢球技場

前半

1vs0

後半

2vs2

試合は3vs2でY.S.C.C.横浜が勝利した

観衆 不明

横浜FC

4月8日(土) J2第7節

vs京都サンガニッパツ三ツ沢球技場

前半

どちらも得点入らず

後半

16分にイバのゴールで先制する

26分にイバのこの試合2ゴール目で2点差とする

試合は2vs0で横浜FCが勝利した

観衆 2908

4月3日(月)

ユース所属の斎藤がU-16(FIFA U-17ワールドカップ2017)日本代表のフランス遠征(モンテギュー国際大会)に選出

4月5日(水)

5月3日(水)以降の試合よりバックスタンドA自由席の一部を「バックスタンドホームA自由席」に変更することを発表

横浜F・マリノス

4月8日(土) J1第6節

vsジュビロ磐田日産スタジアム

前半

26分にマルティノスのゴールで先制する

34分に大井のゴールで同点に追いつかれる・・・

後半

28分に金井のゴールで勝ち越す

試合は2vs1で横浜F・マリノスが勝利した

観衆 38803

4月4日(火)

ユース所属の椿・山谷・棚橋の3選手がJFAJリーグ協働プログラムの一環として4月11日(火)〜19日(水)の間に実施されるU-17Jリーグ選抜海外キャンプ(オランダ)のメンバーに選出

4月6日(木)

バブンスキーが2017明治安田生命J1リーグ2・3月月間ベストゴールを受賞

横浜DeNAベイスターズ

4月4日(火)〜6日(木)

vs読売ジャイアンツ横浜スタジアム

4日(火) 中継ぎが打たれホーム開幕戦勝利で飾れず・・・

5日(水) 井納が中盤に捕まり3連敗・・・

6日(木) 梶谷執念の勝ち越しタイムリーで連敗ストップ

4月7日(金)〜9日(日)

vs中日ドラゴンズナゴヤドーム

7日(金) 終盤に逆転され敗戦・・・

8日(土) どちらも譲らず引き分け

9日(日) 濱口プロ初勝利

読売戦

4日(火)

今永と菅野の先発で始まった試合、3回にお互い1点ずつを取るもこう着状態が続き終盤へと進む、8回に三上が捕まり勝ち越される・・・反撃は1点に終わりホーム開幕戦は悔しい敗戦となってしまった・・・

5日(水)

井納と内海の先発で始まった試合、3回に先制するも直後の4回に同点に追いつかれる・・・5回に3点を勝ち越されてしまう・・・打線は1点返すも反撃及ばす悔しい敗戦となってしまった・・・

6日(木)

ウィーランドと吉川光の先発で始まった試合、初回と2回にタイムリーが飛び出しリードするも6回に阿部の2ランホームランで同点に追いつかれる・・・7回に梶谷のタイムリーで勝ち越すとそのリードを何とか守り切り勝利した

中日戦

7日(金)

クラインと大野の先発で始まった試合、序盤から点の取り合いとなり1点リードするが7回に中継ぎが捕まってしまい逆転される・・・打線は6回以降沈黙し悔しい敗戦となってしまった・・・

8日(土)

石田と若松の先発で始まった試合、3回に大島のタイムリーで先制されるも7回に代打佐野がプロ初ヒット初タイムリー初打点で同点に追いつく、9回で決着がつかず延長戦へ突入する、延長戦はどちらも譲らず引き分けに終わった

9日(日)

濱口と吉見の先発で始まった試合、2回に堂上のタイムリーで先制されるも6回に梶谷の2ランホームランで逆転する、濱口は7回途中まで投げ中継ぎ陣に託すと砂田・須田・山崎康のリレーでリードを守り切り勝利した

16

横浜ビーコルセアーズ

4月15日(土)・16日(日)

vs三遠ネオフェニックス(豊橋市総合体育館

15日(土)

1クウォーター 25vs17

2クウォーター 13vs20

3クウォーター 22vs13

4クウォーター 17vs14

試合は77vs64で横浜ビーコルセアーズは敗れた

観衆 1425

16日(日)

1クウォーター 17vs15

2クウォーター 14vs21

3クウォーター 32vs20

4クウォーター 13vs17

試合は76vs73で横浜ビーコルセアーズは敗れた

観衆 1841

残留プレーオフ阻止のためにも負けられない試合だったが痛い連敗となってしまったね、非常に苦しい展開だということは承知しているけど残り試合すべて勝つつもりで戦っていかないといけないだろう、次の試合に向けてしっかりと準備をしてほしい

日体大FIELDS横浜

4月16日(日) なでしこリーグ2部第4節

vsオルカ鴨川FC日産フィールド小机

前半

どちらも得点入らず

後半

どちらも得点入らず

試合は0vs0の引き分けに終わった

観衆 450

ホームでの試合だったから勝ち点3がほしい試合だったね、次の試合に向けてしっかりと準備をしてほしい

ニッパツ横浜FCシーガルズ

4月15日(土) なでしこリーグ2部第4節

vsコノミヤ・スペランツァ大阪高槻ニッパツ三ツ沢球技場

前半

どちらも得点入らず

後半

6分に佐藤のゴールで先制する

試合は1vs0でニッパツ横浜FCシーガルズが勝利した

観衆 668

1点を守り切り勝利出来たことは大きいね、次の試合に向けてしっかりと準備をしてほしい

4月14日(金)

マルアキフーズ株式会社とオフィシャルクラブパートナー契約を締結

Y.S.C.C.横浜

4月15日(土) 練習試合(40分×2本)

vsY.S.C.C.セカンドしんよこフットボールパーク

1本目

1vs0

2本目

3vs0

試合は4vs0でY.S.C.C.横浜が勝利した

来週の天皇杯に向けてはいい練習試合になったかな、神奈川代表として戦うのだから神奈川のすべてのチームの思いを背負って戦ってほしい、次の試合に向けてしっかりと準備をしてほしい

横浜FC

4月15日(土) J2第8節

vsFC町田ゼルビア町田市立陸上競技場

前半

どちらも得点入らず

後半

29分にオウンゴールで先制される

試合は1vs0で横浜FCは敗れた

観衆 5034

悔やんでも悔やみきれない失点で悔しい敗戦となってしまったね、この悔しい思いを次の試合で晴らしてほしい、次の試合に向けてしっかりと準備をしてほしい

横浜F・マリノス

4月12日(水) YBCルヴァンカップグループステージ第2節

vsヴィッセル神戸ニッパツ三ツ沢球技場

前半

17分に大槻のゴールで先制される・・・

後半

41分に小林のゴールで2点差とされる・・・

試合は0vs2で横浜F・マリノスは敗れた・・・

観衆 5314

4月16日(日) J1第7節

vsサンフレッチェ広島エディオンスタジアム広島

前半

4分に中澤のゴールで先制する

後半

どちらも得点入らず

試合は0vs1で横浜F・マリノスが勝利した

観衆 12651

カップ戦についてはホームではやってはいけない試合をしてしまったね・・・スタメンが若手選手主体だけれども言い訳は出来ない内容だったね・・・グループリーグ突破のためにも残りの試合は負けは許されないだろう、リーグ戦は今シーズン初めてアウェイで勝利したのは非常に大きいね、リードはしたけど苦しい試合だったかな、何とかリードを守り切り勝利に持ち込んだことは今後につながるだろう、次の試合に向けてしっかりと準備をしてほしい

4月12日(水)

遠藤がU-20日本代表候補トレーニングキャンプのメンバーに選出

横浜DeNAベイスターズ

4月12日(水)

横浜高速鉄道みなとみらい線日本大通り駅三浦大輔氏の功績を讃えるモニュメントを設置

「THIS IS MY ERA」の楽曲の配信リリースが決定

4月11日(火)〜13日(木)

vs阪神タイガース横浜スタジアム

11日(火) 雨天中止・・・

12日(水) 今永打ち込まれ敗戦・・・

13日(木) 山崎康まさかの乱調で連敗・・・

4月14日(金)〜16日(金)

vs東京ヤクルトスワローズ横浜スタジアム

14日(金) 関根の好走塁でサヨナラ勝ち

15日(土) 石田打ち込まれ敗戦・・・

16日(日) クライン投打に活躍で3連戦勝ち越し

阪神

11日(火)

雨天中止・・・

12日(水)

今永と秋山の先発で始まった試合、初回に先制されるも2回に3点取り逆転する、だが4回に悪夢が待っていた・・・梅野のタイムリーで追いつかれるとそれから打ち込まれ逆転される・・・5回に原口のソロホームランで1点追加される・・・7回に2点返し3点差とすると9回には2アウトから3連打で1点返し2点差としホームランが出れば逆転サヨナラという絶好の場面で筒香を迎えたがバットを空を切りゲームセットとなり悔しい敗戦となってしまった・・・

13日(木)

井納と藤浪の先発で始まった試合、6回にお互い1点ずつ取り合うも試合は9回に進む、山崎康を投入するもピンチを招くと高山に勝ち越しタイムリーを浴びると暴投と上本のタイムリーで3点差とされる・・・打線は沈黙し悔しい敗戦となってしまった・・・

東京ヤクルト

14日(金)

ウィーランドと石川の先発で始まった試合、初回に桑原の先頭打者ホームランで先制するも4回に同点追いつかれるがその裏に戸柱のタイムリーで勝ち越す、8回にバレンティンのタイムリーで追いつかれるもその裏に代打乙坂のタイムリーで勝ち越す、このまま抑えて試合終了かと思ったが9回に昨日同様に山崎康が捕まり同点に追いつかれ試合は延長戦へと突入する、10回に関根が意表を突くバントで出塁すると相手のまずいミスがあり1アウト3塁とサヨナラ勝ちの絶好のチャンスを作ると白崎がサードゴロになるも関根の好走塁でホームがセーフとなり今シーズン初のサヨナラ勝ちとなった

15日(土)

石田と小川の先発で始まった試合、初回に山田の先頭打者ホームランで先制されると2回には谷内と小川のタイムリーで4点差とされる・・・3回には柴田のエラーで1点入り5点差とされる・・・打線は小川をなかなか打てず4回に倉本のタイムリーで1点を返すもチャンスを潰すなどして点差を詰め寄ることが出来ず9回に進む、3番手の田中健が2点を失い6点差とされる・・・その裏に桑原のタイムリーが飛び出すも反撃遅く悔しい敗戦となってしまった・・・

16日(日)

クラインとオーレンドルフの先発で始まった試合、初回にロペスのソロホームランで先制するも3回に雄平の犠牲フライとバレンティンのソロホームランで逆転される・・・4回にクラインの2点タイムリーで逆転すると5回にはロペスと倉本のタイムリーで3点差とするも6回にバレンティンのソロホームランで2点差とされる・・・だが、7回に戸柱のタイムリーで3点差とするとそのリードを守り切り勝利した

先週は2勝3敗1中止と負け越してしまったことは非常に悔しいね・・・阪神に勝てなかったことについては本当に悔しい・・・この悔しい思いは甲子園で対戦する時にぶつけてやられた分やり返そう、東京ヤクルトには何とか勝ち越すことが出来たかな、今週は広島・中日との対戦となるが広島は開幕から非常に好調で非常に厳しい戦いになることは間違いないだろう、中日とは前回は五分だったが今回はホームでの対戦となるから最低でも勝ち越しはしないといけないだろう

今週の横浜勢の日程

横浜ビーコルセアーズ

4月22日(土)・23日(日)

vs新潟アルビレックスBB(トッケイセキュリティ平塚総合体育館) 22日は18時試合開始、23日は14時試合開始

日体大FIELDS横浜

4月23日(日) なでしこリーグ2部第5節

vsFC吉備国際大学Charme(岡山県笠岡陸上競技場) 13時キックオフ

ニッパツ横浜FCシーガルズ

4月23日(日) なでしこリーグ2部第5節

vsASハリマアルビオン日産フィールド小机) 13時キックオフ

Y.S.C.C.横浜

4月23日(日) 天皇杯1回戦

vs筑波大学Shonan BMWスタジアム平塚) 13時キックオフ

横浜FC

4月22日(土) J2第9節

vsジェフユナイテッド千葉ニッパツ三ツ沢球技場) 18時キックオフ

横浜F・マリノス

4月22日(土) J1第8節

vs柏レイソル日立柏サッカー場) 15時キックオフ

横浜DeNAベイスターズ

4月18日(火)〜20日(木)

vs広島東洋カープMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島) すべて18時試合開始

4月21日(金)〜23日(日)

vs中日ドラゴンズ横浜スタジアム) 21日は18時試合開始、22日は14時試合開始、23日は13時試合開始

明日のベイスターズの試合

vs広島東洋カープMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島) 18時試合開始

予告先発

ベイスターズ

広島

その他の明日のセリーグの試合の予告先発

熊本 18時試合開始

読売

東京ヤクルト

ナゴヤドーム 18時試合開始

中日

阪神