読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不忍池の桜

雪村展を鑑賞した後、不忍池の桜を愛でてきました。

雪村の描く龍虎、目の表情がいいですねぇ。何を訴えているのでしょう。布袋様のふくよかさ、好きです。墨の濃淡だけで描かれた山水画は、見ていて気持ちが落ち着きます。

雨が降り、絶好の花見日和とは言えませんが、雨にけむる桜もいいものです。

上野からブラブラとあるき、湯島天神神田明神を参詣し、お茶の水から帰宅です。

受験シーズンを過ぎ、湯島天神は人もまばらです。境内にいた式を挙げたばかりの花嫁、花婿が初々しかったです。私にとっては三十数年前のことです。

神田明神は江戸の総鎮守だけあって、それなりの人出でした。境内には江戸の伊達男助六が飾られていました。