読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ブーメラン】民進の山井国会対策委員長が与党時代に流していたブーメランツイートに失笑相次ぎ話題に [無断転載禁止](c)2ch.net

【ブーメラン】民進の山井国会対策委員長が与党時代に流していたブーメランツイートに失笑相次ぎ話題に [無断転載禁止](c)2ch.net

http://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1491448357/

森友学園問題を国会で執拗に追及しているものの政権を倒すには至らずに国会を空転

させた責任論からの風当たりが次第に強まっている民進党ですが、

要とも言える国会対策委員長である山井議員が2012年、まさにブーメランとも言える

ツイートを発信していたことがわかりました。

「審議を拒否して、国会を空転させて、政権にダメージを与え、政権を倒そうとする

方法は、国民からは理解は得られないと思います。

私は与党議員として審議拒否はせず、引き続き会期末までしっかり仕事を続け、法案

を成立させるべく頑張ります。気に入らないことがあれば、国会に来ない。

それはおかしい!」

山井議員がこの発言を行った2012年8月はまだ当時の民主党が与党であった時代であ

るため野党の姿勢を強く批判していたものですが、

立派な主張も立場が変わればそっくりそのまま当てはまるとして失笑を買っている形

です。

山井議員は4月4日の記者会見でテロ等準備罪法案の審議入りを認めないとの考えを示

した上に、

審議入りを急ぐ自民党に対し「森友隠しではないか」などと疑問を呈し冷ややかな目

を向けられたばかりでした。

2016年には風刺画を勘違いして安倍首相からも「デマノイ」扱いされた山井議員です

が(関連記事参照)、

2017年に入ってもTwitter2chのスレを流して呆れられるなど(関連記事参照)、政

治家本来の姿からはズレた点でばかり話題を提供する格好となっており、

国会対策委員長という要職にこうした人材を当てざるを得ない現状が民進党のレベル

を物語っていると言えそうです。

山井議員のツイートはTwitterSNSで拡散しており、呆れ果てるというコメントが相

次いでいるようです。

「どの口が言ってるんだよしょうがねぇな」

「開いた口が塞がらないんですが」

「デマノイはホントしょうがねえな」

「何故ブーメランと言えば民進党ばかりなのか」

「こいつら政治をエンターテイメント化したよな」

「芸風として見ればお見事としか言いようがない」

「一般人だったら表に出るのも恥ずかしいレベル」

「山井はもう少しネットの勉強をしたほうがいい」

「別の意味ではプロの仕事とも言えるんだが」

http://www.buzznews.jp/?p=2107557 http://jump.2ch.net/?http://www.buzznews.

jp/?p=2107557