読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪から戻る

 大阪3日目。けさは6時30分起床で朝ランへ。きのうホテルへ戻ってくる時に走った信号がほとんどない木津川の堤防沿いの道で京セラドーム大阪へ。そのあと大阪マラソンのコースをトレースしてなんばへ。道頓堀川に沿って、道頓堀商店街側を走り(朝から金龍ラーメンがいい匂いをさせていた)、宗右衛門町側を戻り、心斎橋筋のアーケード商店街を北上。船場からは御堂筋を走り、淀屋橋からは大川に沿ってホテルに戻る9.5km。きょうはところどころで、大阪人に合わせて、クルマのこないことを確認して信号無視をしてしまいました。

 きのう書いた大阪人の交通についての感覚(常識)について追加を(笑)。赤信号でもクルマが来なければふつうに横断していくという件では、きょうは御堂筋などの広い道を通ったけれど、ここでもちょっとクルマが途切れたとみるや、スイっと渡ってしまう人が多かった。そして、信号が変わる前に歩きだす人がとても多いことにもびっくり。これ、赤信号でも突っ込んでくるクルマの多い名古屋だったら、絶対事故だなっていうくらいだ。そのくせ、エスカレーターでは、歩いて上る人が少なくて、左側は結構ガランとしていたりする。せっかちなのかどうなのかよくわからない気質だなぁ。

 きょうは、結局、お昼も夕食も食べられなかった。それでも、もう一日泊まってあげたいような作業がまだ残っていたのだが、名古屋に帰ってうちの環境でしなくてはいけない作業もあって、22時新大阪発の名古屋行のぞみに駆け込んだ。最終は22時30分なんだけど、これだと名古屋駅での各駅停車との接続が悪く、うちに帰ると確実に日付が変わるのでね。う〜ん、肉体的にも精神的にも疲れたなぁ。あしたは、うちで仕事ができる。やっぱ、ホッとするなぁ。でも、花粉は名古屋のほうが多いみたい