読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特発性側湾症(34)卒業と就職と

随分とご無沙汰をしてしまいましたが、この度卒業が決まりました。

思えば あの手術より4年。あっと言う間のような長い長い日々だったような。

これは本人に聞かないとわからないところです。

就職に関しても ずっと立ち仕事はムリ ずっと座る仕事もつらい

せっかく就職しても続かなかったら無意味 と悪戦苦闘。

結局 側湾症などのリスク等に理解がありそうな福祉施設に勤務することになりました。

内定までは特に手術について話題にするようなこともなかったのですが

内定から採用までの間に提出する書類に かなり細かい健康診断を求められているものがあり

「胸と腰のレントゲン」などという項目もあったので これで病院側が

「就労に適さない」などと判断されたら採用に影響するとドキドキしてしまいました。

結果 手術後ということで 大丈夫な診断を戴いたのですが

曲がったままだったら どういう結果だったのだろう?と ちょっと思ってしまいます。

今回の就職に伴って 家を出て独立することになりました。

元気で頑張って欲しいと思っています。

長いあいだ 日記にお付き合いを戴いた皆様

一緒に頑張った手術仲間の皆様

いつも見守って下さってありがとうございました。

これからもみんながみんなが 健康で幸せでありますように

ありがとうございました。